ブルースは絆!日米の精鋭が作った 会場限定スペシャル・アルバムを見逃すな!

8月14日からツアーがスタートしたシカゴのハーモニカ・プレイヤー、ロブ・ストーン。

幾度となく日本を訪れ、各地でセッションを繰り広げているが 実は今回のツアーでは、ライヴ会場でしか手に入らないアルバムを用意しているという。

インターネット販売の予定は一切なし。

その名も『 FROM CHICAGO TO TOKYO』。

日米、相まみえたスペシャル・ブルース・アルバムだ。 アメリカからはロブ・ストーンと一緒に来日中のギタリスト、マイケル・ワイズマン。そしてドラムスにマーク・ヴァーサポッリ(Mark Vasapolli)。

そして日本側は、今回も各地でサポートを務める江口弘史(bass)、加藤エレナ(piano)が参加。

まだ昨年のツアーの余韻が消えぬころ

「アルバムを作れるといいね」

という話がどちらからともなく生まれたのだとか。 内容は、いつもロブ・ストーンが取り組んできたシカゴ・スタイルにこだわった。 「日本ではどうしてもギターや、派手なステージに人気が集まりがちですが

 ロブのダウンホームなサウンドをまるごとみなさんに聞いてほしかった」

と加藤エレナさん。

確かにブルースで一番人気はギター!かもしれない。

加えて誤解を恐れずに言うと、キャリアや肌の色まで

評価の対象にしてしまう人も少なくない。

だが、本当に今に息づく音楽は、それだけでははかれない。

ブルースのライヴもそうだと思う。

ロブ・ストーンのツアーを見ていつも素適だなと思うのは

日米の垣根を超えた進行形のブルースが聴けることだ。

日米どちらも決してベテランではない。

いわば若手~中堅と目される人たちが

実にイキイキとブルースをプレイする。

そういう場所に居られる幸福を感じるのだ。

ライヴ・ブルースの楽しさを感じたいなら

ぜひ足を運んでいただきたい。

ツアー日程はこちらへ→ROB STONE JAPAN TOUR2015

-------------------------

ROB STONE/ FROM CHICAGO TO TOKYO (Marquis Records)

1.Little Girl

2.My Babe

3.Let Me With A Broken Heart

4.She Caught The Katy

5.Just Your Fool

6.It Ain't Right