大阪が1960年代のシカゴになる! REAL CHICAGO BLUES TODAY


大阪のブルース・バーChicago Rock主催により

大阪、京都で活躍するブルース・プレイヤーが一堂に会するイベントが

開催されます。まさにオール・ウエスト・ジャパン! まもなく2017年を迎えようとする今

ここ日本で1960年代のシカゴ・ブルース・バンドスタイルに焦点を

あてた意欲的な企画! 

セッションではなく、バンド単位で

一つのテーマのもと、これだけの出演者が集まるイベントは少ないのではないでしょうか。

RICKY、ベーカー土居、ブーケンらベテラン勢から

シカゴロック常連の凄腕ミュージシャン

さらに京都代表チームまで濃厚な顔ぶれです。

18時半スタートとのことですが、出演は6バンド! 次の日は仕事も休むつもりで!? 師走の夜に、こってり、たっぷり楽しめそうです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

■Chicago Rock Presents REAL CHICAGO BLUES TODAY

◆日時:12月13日(火)18:00 open/18:30 start

◆会場:ROYAL HORSE http://www.royal-horse.jp/ 06-6312-8958 大阪市北区兎我野町15-13 ミユキビル1階 (JR環状線「大阪駅」御堂筋線「梅田駅」谷町線「東梅田駅」泉の広場 M-14出口 10分)

◆料金:前売4,000円 当日4,500円

◆問合せ:シカゴロック http://chicagorock.sakura.ne.jp/

  06-6356-0772

--------------------------------------------------------------------------------------------

ところでこのタイトルを見て

その昔、『Chicago/Blues/Today』というブルース・ファンに人気の アルバム・シリーズがあったことを思い出す方もいるでしょう。 3枚に分かれたこのアルバムには60年代半ば

シカゴでばりばりブルースを撒き散らしていた面々が収録されており

今のように気軽に現地に足を運ぶことのできなかった時代でもあり

これが、本場シカゴのほんまもんのブルースなんだ!と

どきどきしながら聞いたものです。

ジュニア・ウェルズ。ジェームズ・コットン、J.B.ハットー、オーティス・スパン・・・・・・

といった、その後ブルース・シーンに名を馳せる人たちが

ぎらぎらと個性を光らせながら、鎬を削っていた時代を切り取ったアルバムです。 おそらくこのイベントにも

今だけでなく、これからに期待するシカゴロックのマスター、スタッフの心意気が

こもっているのだと感じます!