Life is Blues. 暮らす、聴く、歌う。
ライヴでつながる。ライブでつなげる。

・・・・・少し長くなります

 

◆なぜ、フロントポーチ?
 

 海外の家でよく見かける「フロントポーチ」は人と時間の交差点。
 
このメディアも、そんな場所であってほしいと願います。


 椅子に揺られ、一人で空や風を感じゆっくり過ごす場所。
   
  隣近所の人たちが集まり、たわいもないおしゃべりで過ごす場所。
 
誰かがギターをかかえ歌い出せば

 歌はフロントポーチから街へと流れ出します。
 

   昔にまどろみ、明日を想い、
 歓びをわかちあい、哀しみを噛みしめる。

 
 
『 高田渡トリビュート』のジャケットを眺めていて、

  あぁ、渡さんのいた吉祥寺の「いせや」も、
  もしかしたらフロントポーチなのかなと思いました。

 

◆アンノウンの奏でる音楽 暮らしの音楽


 ブルースを聞き始めた頃、アーティスト名の「Unknown」という記述に
 少なからず驚きを覚えました。


 アルバムによっては何人もの、アンノウンさんがいる。

 素晴らしい演奏なのに、名前さえ、わからないのです。

 でもこうして録音が残っていればまだラッキーな方で
 今のように簡単に作品を残せる時代ではありませんでした。
 レコードに名前を残せなかった、数え切れない人たちがいたのでしょう。
 音楽の歴史を川の流れとするならば
 今眺めている水は、それらすべての人たちが奏でた音の集まりです。

 それは、もしかすると現在も同じかもしれません。

 耳にするアルバム、観ているYou Tubeもまた
 溢れる音楽のごく一部だと言うことを
 私はいつも忘れないでいたいと思っています。

 そして、できれば一人ひとりにとっての
 “一部”を少しでも広げるお手伝いができればうれしいです。

 何より、自分がライブに足を運びたいから。
 心に響く 音楽を聴きたいから。

 棚に並んだレコードやCDの数、今まで観たライブの数は関係ありません。

 楽器を持って演奏する、しないも関係ない。


  音楽は誰にも平等です。

 家庭や仕事で追われる中で、いつかライブに行きたい、
 またギターを弾いてみたい、そんな人がいいなと感じ
 毎日暮らしてゆく中で、大切にしたい音楽を紹介していきたいと思います。

◆今このときのルーツ・ミュージック

 
その中でとりあげるのは、根っこを大切にした音楽。
 
 咲いた花や、なっている実には、根っこもあれば幹もある、
 
 ルーツ・ミュージックとは、単に過去の古き良き音楽ではありません。
 
ベテランも若手も、世代も関係なく

 歴史の上に自分が生きていることを確かめる、今このときの音楽です。

 
もちろん私自身はブルースやソウル、アメリカン・ミュージックが大好きです。
 でも、フォーマットとしてのブルースではなく、
 ここはブルースを感じさせる音楽としたい。


 先ごろ亡くなったB.B.キングは言いました。「Life is Blues」だと。
 
 
どきどき、ざわざわ、べたべた、じとじと、
 歓びも、いかがわしさも、邪悪さも、
 表も裏もすべてを包み込
 今を生きる愛にあふれた歌とともに歩いて行きたいと思います。


                    2015年6月 フロントポーチ編集部
                          妹尾みえ


                  各ページの内容へ
                   皆様のご協力が必要です!!