南大阪の文化の根っこを未来に伝える。 あべの音楽祭開催


大阪のミナミ あべの・天王寺。 ナニワの音楽のエネルギーの源、ナニワの演芸、エンタテインメントの源とも呼ばれる場所。

私が初めてその名前を強く意識したのは、春一番が開かれた野外音楽堂でだったか

あるいはディランIIや大塚まさじさんの歌だったか、 70年代のフォーク&ロックを熱い気持ちで聴いていた人には

特別な響をもって存在する街、

そして今急激に変化を遂げる街でもあります。

その象徴である、あべのハルカスの「近鉄アート館」で 過去と未来をつなぐ素晴らしいイベントが2日間にわたって企画されています。 歌、演芸、貴重な写真を撮影し続ける糸川耀司氏まで

出演者の名前を見ているだけで、大阪の街の音まで聞こえてきそうですよね。

古き良き思い出を上塗りしていくともいえる新しいスポットを

避けて通るのではなく、あえて乗り込んで新たな歴史を作っていく。

自分たちの文化に誇りを持ち ふつふつと熱さを保ち続けるナニワのエナジーを感じます。

プロデューサーはFM COCOLOのDJの加美幸伸さん。

「今も昔もあべのは南大阪の経済・文化の中心。まだまだたくさんの人生ドラマが生まれていくはず」というフライヤーのメッセージにワクワクせずにはおれません。 ◆あべの音楽祭2015

●会場:「近鉄アート館」(あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)

●料金 両日共に前売4,000円 当日4,500円 https://www.facebook.com/abenomusic/?fref=nf

●11月28日(土) 14:30開場 15:00開演 出演:中川イサト、大塚まさじ、金森幸介、松田幸一

   スペシャルゲスト嘉門達夫、トーク・ゲスト糸川耀司(写真家) ●11月29日(日)

12:30開場 13:00開演

出演:大西ユカリ、ザ・たこさん、四人トリオ、ScatRaw、桜花昇ぼる、Winky 演芸:平和ラッパ梅乃ハッパ(ギター漫才)、笑福亭福笑(落語)、山中一平、赤江真理子、虹友美(河内音頭)、暁光雄(三味線漫談)、シンデレラエキスプレス(漫才)

ゲスト:あべのハルカス少年少女合唱団