ソウルのレジェンド来日。 スペンサー・ウィギンス待望の来日!


ソウル・ミュージックはお好きでしょうか? あのメンフィス、サザン・ソウルの至宝 シンガー、スペンサー・ウィギンズが来日します。

billboard live TOKYO 4月17日(月)18日(火)

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10402&shop=1 あの、と言っても一般に名前は知られていないでしょう。 しかし、世の中には大成功はつかめないが 確かな実力を持ったアーティストがいるものです。

彼は無冠の帝王と言ってもいいかもしれません。

しかし、たとえばフェイムに録音れた 「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」を聴いて 胸が熱くならない人はいない、と言ってはいいすぎでしょうか。 ◆日本人にとっては思い入れの強いシンガー

スペンサー・ウィギンスは、1977年に ヴィヴィド・サウンドからリリースされた 『ソウル・シティUSA』によって、日本のブラック・ミュージックファンに

知られるようになりました。

当時はまだ アメリカ南部のソウルミュージックに関する 情報の少ない時代ですから 今考えている以上に、彼のアルバムのインパクトは強烈だったのです。

予習に。

◆フィード・ザ・フレイム:ザ・フェイム・アンド・XLレコーディングス [日本語解説付]http://amzn.to/2lukALJ ◆THE GOLDWAX YEARS http://amzn.to/2lupnwU

◆サポートメンバーにも期待

しかも今回は、サザン・ソウル黄金期を支えた ホッジス・ブラザーズ(fromハイ・リズム・セクション)が参加。

さらにスペンサーが歌うきっかけを作った 弟のパーシー・ウィギンズ。

またTHE BAWDIESとも共演した ソウルに造詣の深い若手ソウルマン イーライ"ペーパー・ボーイ"リードも同行する。

[メンバー] スペンサー・ウィギンス / Spencer Wiggins(V) パーシー・ウィギンス / Percy Wiggins(V) チャールズ・ホッジズ / Charles Hodges(Keyboards) リロイ・ホッジズ / Leroy Hodges(B) イーライ・"ペーパーボーイ"・リード / Eli "Paperboy" Reed(Gr) デリック・マーティン / Derrick Martin(Dr) その他未定

もちろん全盛期ではありません。 でもレジェンドの来日がめっきり減ってしまった昨今 見逃すなんてもったいない!

(2011年のスペンサーとパーシー)