ブルースからラテンまで艶やかに。 フロムEAST L.A. スーパー・ハーモニカ TEX NAKAMURAが帰ってくる!


■WARのハーモニカ・プレイヤーとしても活躍!

ロスで活躍するハーモニカ・プレイヤー仲村哲也がジャパンツアーを行う。 TEX NAKAMURA、ウィーピング・ウィロウの名を持つ彼は、リー・オスカー脱退後のWARに13年間在籍。チカーノ・サーキットで腕を磨いた彼が、今回もブルースからラテン・ミュージックまで本場仕込みの幅広い魅力で楽しませてくれること間違いなし!

myspace https://myspace.com/weepingwillowharmonica

-------------------------------------------------------------------------------

■TEX NAKAMURAジャパンツアー2017

※詳細はFacebookをご確認ください。 https://www.facebook.com/WEEPINGWILLOWHARMONICA?fref=ts​ ○3/25(土)名古屋・伏見 JAMMIM'

http://jammin.l.c-o-a-l.jp/admin.usr/index.obj/

30th PARADISE ROAD present "GOT STYLE"

TEX NAKAMURA /THE WANDERERS ほか

○3/26(日)名古屋カーショー見学

○3/27(月)京都 モダンタイムス

http://mtimes.jp/

ライトニン栗田(g)大谷朝子(p)有福珍(b)高野秀樹(dr) ゲスト 森久杜志(Vo.Harp)

○3/28(火)大阪 Howlin Bar

http://www.howlinbar.com/ 火曜ブルースジャム ○3/29(水)広島 Live Cafe JIVE

http://livecafe-jive.com/ KING増本(g&Vo) シロー(b&Vo) 高野秀樹(dr) OA:KABACHI ○3/30(木)福岡・井尻 もつ鍋六ツ角

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400202/40022488/​ tel. 092-582-4348 in the groove ○3/31(金)福岡・築後 レイグランデ

goo.gl/xwb01c tel.0942-53-2810 in the groove

○4/1(土)福岡 某所シークレットライブ

○4/2(日) 埼玉 神出鬼没ギグ

○4/3(月)関東 神出鬼没ギグ

○4/4(火)関東 神出鬼没ギグ

○4/5(水)関東 神出鬼没ギグ

○4/6(木)東京・中野 ブライトブラウン

http://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown

石坂和弘(g)谷口タニヤン英視(b)小関純匡(dr)

○4/7(金)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて http://mameromantic.com/ 「TOKYO MEXICAN PARTY!~MUSICA MEXICANA/CHICANA SIN FRONTERAS~」CONJUNTO J from Osaka、 JULIO MIZZUMI GUERRERO KOJIMA (YACATECUHTLI) from Veracruz, Mexico JULIIO GUERRERO TORRES (YACATECUHTLI) from Veracruz, Mexico

○4/8(土)東京 神出鬼没ギグ

○4/9(日)千葉 ANGA http://anga-hp.com/top/​ 「酒と女とRock'n Roll Vol.7」 --------------------------------- 仲村哲也プロフィール テキサス・ブルーズ・レジェンド、ロイ・ゲインズや ヒップホップ・アーティスト、スヌープドギードッグ等、数多くのレコーディングに参加。現在はチカーノ音楽 (ラテン) や自己プロジェクト (ブルーズ&RB) にて活動中。昨年、国際ハーモニカフェスティバル (韓国) に参加。 1983年に、FENから流れてきたJ ガイルズ・バンドの「ワーマージャマー」に衝撃を受けハモニカを手にする。妹尾隆一郎氏に師事し基礎のテクニックを収得。 その後は、「F.I.H.ハモニカコンテスト」入賞、 アポロシアターのアマチュアナイト・チャンピオンシップに出演(日本人初)するなど、 数年の間にトップクラスのハーピストとして活躍する。 1992年に渡米。1993年、リー・オスカー脱退に伴いWARのハーピストとして招聘され、 1994年発売のアルバム「Peace Sign」の録音に参加することにより、正式メンバーとして迎えられる。