フィンランドのNo.1ブルース・バンドが 4月来日!


フィンランドのブルースバンド 「ミック・ビヨークローフ&ブルー・ストリップ(Micke Bjorklof & Blue Strip)」から 初来日の報せが届いた。 ハーモニカとギターのミック・ビヨーフ率いる5人組。 20年以上のキャリアを持つ、北欧のブルースファンなら誰もが知る存在だ。

ニューオーリンズで録音された『After The Flood』 John Porterプロデュースによる『Ain´t Bad Yet』など

アルバムも高い評価をうけている。

アメリカ南部のルーツ・ミュージックからの影響を色濃く感じるサウンド

パーカッションを加えたメリハリの効いたビートを打ち出しながらも

ゆったりとしたスケール感があるのは、北欧の風土によるものだろうか。 ブルースが生まれた国への憧れは

日本の多くのファンと共通するところがある。 この機会に交流が生まれていくとうれしい。

◆Micke Bjorklof & Blue Strip "Live in Japan!" 2017年4月13日(木) 、4月14日(金) 会場:Blue Mood (東京都中央区築地5-6-10浜離宮パークサイドプレース1F)

tel:03-3249-6010 Open 18:30/Start 19:30 前売り:5000円、当日6,000円 +1オーダー ※両日ともイープラスで発売中

公式サイト http://www.mickebjorklof.com/en/ Micke Bjorklof (Vo,hrm,gt )、 Lefty Leppanen(gt)、Teemu Vuorela(dr) Seppo Nuolikoski(b,vo) Timo RoikoJokela(per)

ハーモニカとギターのDuo